(株)エリオスコンサルティング 東京・横浜の不動産(売買/賃貸)・コンサルティング
   
プライベート/タックスプランニング

普段の生活はもちろんライフプランをたてる上で、必要不可欠なものです。
また、ライフステージごとに税務対策が必要になります。
税制改正の動向を見極め、常に最適な税金対策を税理士と協力しプランニング致します。



税務問題をフルサポート致します

エリオスコンサルティングは、単に税金の支払いを少なくする為だけではなく、ライフプランを十分考慮した上のプランニングが必要だと考えます。
税金の削減については、有効なプランニングを行うことにより可能となります。しかし、節税目的だけで行った相続税対策と、ライフプランを十分考慮した相続税対策とでは、全く内容が異なってきます。

具体的な税務相談・税務代理等は、エリオスコンサルティングのネットワークの税理士が行うことにより、スピーディーかつ適切なお答えをさせていただいております。
皆様のご要望を第一に、目的に合った対策をご提案致します。

税金の種類
有効な税対策をする

日本には現在、所得税や法人税などをはじめ約50種類の税金があります。課税主体で分けると、国税と地方税にわかれます。また、徴収方式では申告納税方式と賦課課税方式に分かれます。
非常に複雑な仕組みとなっておりますが、税金を収める機会は大変多いため、有効な税務対策をとることが必要となります。

【主な国税】
  所得税・法人税・相続税・贈与税など
【主な地方税】
  住民税・固定資産税など
【申告納税方式】
  税金を自ら計算し、自ら申告して納税する方式
【賦課課税方式】
  国・地方公共団体が税額計算し、その額を納税
    する方式

相続税・贈与税とは
医療法人に適応される法人税
事業承継とも密接に関わる問題

相続税と贈与税を大きく分けると、生きているうちに財産を分ければ「贈与税」、死亡してからなら「相続税」ということになります。
相続がよいか、贈与がよいかは大きなポイントとなりタックスプランニングでも非常に重要となります。 
相続税の計算は、遺産分割のやり方によっては、税負担の総額が変動しないように、法定相続割合で分割したものものとして、相続税額の総額を算出し、これを実際の取得割合に配分する二重構造になっており、複雑になっております。 
贈与税は、契約であり当事者の双方にその認識がある場合に成り立ちます。幼児に「贈与」しても、単なる名義借りとなり、贈与の事実は否認されます。
一般法人とも異なる点も

医療法人には、一般法人と同じ法人税率が適用されます。法人税上「益金」になる金額から「損金」と認められる金額を差し引いた金額(課税所得金額)に、法人税率を乗じて、法人税額を算出します。
事業税は、事業上の経費となっています。
医療法人の事業税は、保険診療報酬に関わる所得については非課税となっています。自由診療・その他の収入にかかる所得だけが、事業税の課税となっております。
また、同族会社の留保金課税は、利益の配当を禁じられているために、この規定はありません。なお、実務の詳しいことにつきましては、エリオスコンサルティングコサルティングまでお問い合わせください。



  トップ 会社案内 リンク サイトマップ